ドヴォルザーク

posted in: 音楽 | 0

ドヴォルザークaa

あした9月8日はアントニン・ドヴォルザークの誕生日。(1841~1904)
チェコの作曲家で、プラハの北方にある村で生まれました。
怖い顔をした写真が多いのですが、
実際の人柄はどんなだったんでしょう。

初め、家が貧しかったので、肉屋と宿屋を営んでいた父の後を継ごうとしましたが
叔父の援助で音楽を学びました。
性格は素朴で温厚だったようです。

趣味は鉄道で、プラハに住んでいたころは毎朝散歩する時、プラハの駅まで行くのを
日課にしていたことや、列車の時刻表や番号、運転士の名前まで暗記していたそうです。
なんだか鉄道に夢中なかわいい少年のようですね。

ドヴォルザークにはたくさんの名曲があり、
私の大好きな曲もたくさんあります。

ユーモレスクも有名ですね。チェロ協奏曲もすばらしい曲です。

今日は、”家路”として親しまれている
交響曲第9番の第2楽章。

聞くと、あ、これ知ってるというメロディですね。

交響曲第9番第2楽章

アメリカ滞在の頃、故郷に思いをはせて作ったんですね。
親しみやすいメロディでどこかなつかしい響きがあります。

第4楽章もとてもかっこよくて聞きごたえあります。

交響曲第9番第4楽章

夢想

posted in: 音楽 | 0

20160811a

 

まだまだ残暑ですね。

ドビュッシー(1862~1918)が作曲した『夢想』という曲があります。

『夢』とも言われていますが、ピアノ独奏曲です。

ドビュッシーはフランスの作曲家で、『月の光』なんか有名ですね。

物事を見た印象や雰囲気などを音楽にする「印象主義」を考えた人です。

伴奏がさざ波のような感じでそれにうっとりするようなメロディがのります。

ついいねむりしたくなるように聞こえます。

 

では、フランスのピアニストフランソワ・ジョエル・ティオリエの演奏で聞いてみましょう

夢想

 

夢想が入っているCD
 
月の光 ~ドビュッシー / ピアノ名曲集

 

8月です~

posted in: ピアノ教室 | 0

きょうから8月になりました!

札幌もようやく

暑い暑いということばがでるような暑さになり

扇風機の出番が多くなってきました

 

20160731ヘメロカリスの種

 

湿度が高くなってくると

ピアノもなんとなくべったりした感じになりますね。

 

あまり湿度が高い時は

除湿機をつけるのがいいでしょう。

 

特にクーラーが付いている部屋だと

すぐに音がくるってしまって

この時期、ピアノの管理も大変ですね。

 

 

 

 

 

 

 

ダンソン第2番 

posted in: 音楽 | 0

20160701実家

 

7月になり、暑い日が続いていることろもあるでしょうね。

札幌はきょうは雨も降り涼しくてすごいやすいです。

 

夏といえば、メキシコ

メキシコの作曲家でアルトゥロ・マルケス(1950~)という人がいます。

彼の有名な曲に「ダンソン第2番」。

とっても情熱的でメロディもステキです。

若手の指揮者グスターボ・ドゥダメルが

楽しそうに指揮していて、すばらしい演奏です!(^^)!

久々に興奮して聴きました(*^_^*)

 

20160701ヒメシャガ

オーケストラは

シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ

ダンソン第2番

 

同じくグスターボ・ドゥダメル指揮の

マンボ

 

↓このCDに入ってます~!(^^)!

シューマンの誕生日

posted in: 音楽 | 0

きょう6月8日はロベルト・シューマンの誕生日です。

森の鳥イラスト

ドイツの作曲家で
交響曲や歌曲などいろいろありますが
ピアノの曲と歌曲が特に評価されています。

シューマンの短い生涯もいろいろありましたが
後程紹介しますね。

有名な曲は「トロイメライ」でしょう。
きっと誰でも聞いたことのあるメロディです。
これは「子供の情景」に入っている曲です。

トロイメライ(夢)

 

ピアノ発表会などで、たまに弾かれる曲で
シューマン作曲の「予言の鳥」という曲があります。
これは9曲からなる「森の情景」の中の曲で
この中では一番有名です。

森の奥深くの雰囲気があって
好きな曲です。

予言の鳥

 

もう1曲、これも曲映えがするので
発表会などで取り上げられることが多いです。
幻想小曲集の中の「飛翔」という曲です。
幻想小曲集は1837年に作曲した8曲からなる曲集です。
力強い出だしがとても印象的です。

幻想小曲集

 

 

アリオーソ

posted in: コンサート | 0

20160605ヒメサユリ

今日は一日よいお天気に恵まれました。

ヒメサユリもかわいらしく咲いてました。

 

さて、5月15日のコンサートの動画をアップしてみました。

上田哲バリトンコンサートのオープニングです。が、

上田さんは出てないので、すみません(^_^;)

出だしも切れてますが、

会場の雰囲気がわかると思います。

 

当日、カホンたたいてくれた

西村さんに動画のあれこれやってもらいました。

アリオーソ

6月 あじさい

posted in: 未分類 | 0

6月になりました。
一年の真ん中に来たんだと思うと
気を引き締めなきゃと感じます。

そうじゃないと
あっという間に12月になりそうじゃないですか?

そろそろきれいな色とりどりの
あじさいの花が
あちこちで見られる時期ですよね。

 

緑が芽吹いて
ピンクの花から
赤や黄色や華やかになって
ここで、高ぶった心を
優しく落ち着かせてくれるのが
あじさいの色ですよね。

 

6月あじさい

私のお気に入りのお花屋さんのあじさいです。

「花一屋」という名前で、南郷通り7丁目にあります。

 

201606あじさい

 

コンサートが終わって

posted in: コンサート | 0

 

1週間ほどたってしまいましたが、

5月15日(日)の 上田哲 魅惑のイタリア バリトンコンサート ~朝の歌~は

100人以上のお客様にお越しいただき

無事に終えることができました。

お越しいただいた方や、ご協力くださった、宮田屋さん他の方々に、お礼申し上げます。

 

 

20160515西村さんカット

イタリア古典歌曲を

上田哲さんがわかりやすく楽しい解説をつけながら

感情こめて歌ってくださいました。

 

そして、ナポリ民謡には、

西村順治さんのカホンも参加してくださり、

上田さんも最後まで、

力強く歌いきってくれました。

 

いつもとちょっと違ったアレンジで

皆さん、楽しんでいただけたのではないかと思います。

 

ちなみにアンコールの曲名は

「Time to Say Goodbye」でした。

 

 

そして、たくさんのコメントをいただきました。

これを励みにまた、より楽しいコンサートを

企画していきたいと思っております。

 

ありがとうございました。

 

コメントを、また今度のブログに

載せておこうとおもいます。
20160515うちあげ

上田哲 バリトンコンサート

posted in: コンサート | 0

バリトンコンサート

2016年5月15日 日曜日 午前11時開演

上田哲さんのバリトンコンサートを開催します。

Mattinata (マッティナータ)朝の歌と題しまして

さわやかな季節にふさわしい

イタリアの歌曲からナポリ民謡などを

上田哲さんの歌声で、楽しい歌をお届けします。

 

プログラムは

アマリッリ
たとえつれなくとも
うつろの心
カッチーニのアヴェ・マリア
熱愛
マッティナータ
帰れソレントへ
オーソレミオ
などです。

 

会場は宮田屋珈琲豊平店(豊平区平岸4条1丁目4-4)

入場料は2000円 ケーキとコーヒー付です。

前日まで予約受付ます。当日券はありません。

予約は宮田屋珈琲豊平店まで。011-817-3930

こちらのブログ、メールでも受け付けています。

お問合せ

メール koidepiano@gmail.com

ナポリ民謡

2016年ピアノ発表会3月5日

posted in: ピアノ教室 | 0

プログラム

3月5日に行われましたピアノ発表会

ご参加ありがとうございました。

第1部はソロ演奏でした。

第2部の「動物の謝肉祭」コーナーは
演奏する生徒さんが自分で動物の絵を描いてくれました。

絵の紹介をしますね。

序奏とライオンの大行進
ライオン

おんどりとめんどり
おんどりとめんどり

かめ
かめ

ぞう
ぞう

水族館
水族館

森の奥に住むかっこう森の奥に住むかっこう

鳥かご
鳥かご

ピアニスト
20160305ピアニスト

化石
化石

白鳥
白鳥

みんな力作です。

こんな感じで演奏しました。

20160305臼井小出化石修正

20160305動物の謝肉モザイク

1 2 3 4