シランクス ドビュッシー

posted in: ピアノ教室, 日記, 音楽 | 0
8月22日はフランスの作曲家ドビュッシーの誕生日(1862~1918)
ピアノ曲の「月の光」や「アラベスク」等ポピュラーになっている曲も多くありますね。
今日はフルート独奏用の美しい小品「シランクス」の紹介をします。
ドビュッシーのフルートと聞くと「牧神の午後への前奏曲」が浮かぶ方もいると思います。管弦楽曲ですが、最初にフルートの有名な旋律から始まります。フルートって鳥の声のイメージもありますが、牧神の笛のイメージもぴったりですよね。
「シランクス」はギリシャ神話に由来します。
”パン”という上半身は人間で、下半身は山羊、毛深く2本の角がある半獣半人の神がいます。
南国の神なので、暑い夏にはいつも昼寝をしたいので、じゃまする者がいると機嫌が悪くなるそうですよ。その”パン”が、ある日妖精のシランクスを捉えようとすると彼女は逃げ惑ううちに逃げ場を失い水辺の葦に返信し、快い音を奏でます。パンはたまらなくなりその葦を手折って笛をつくりそれ以後好んで吹いていたということです。
曲は変ロ長調。ゆっくりした旋律を繰り返しながら揺れ動いていきます。
この曲を聴くと夏の野原の情景が浮かんできそうです♪
フランスのフルート奏者、ルイ・フルーリーに献呈されました。
動画のオススメはこちらです↓
   フルート エマニュエル・パユ
パンの画像(アンニーバレ・カラッチ作)お借りしました。

8月です~

posted in: ピアノ教室 | 0

きょうから8月になりました!

札幌もようやく

暑い暑いということばがでるような暑さになり

扇風機の出番が多くなってきました

 

20160731ヘメロカリスの種

 

湿度が高くなってくると

ピアノもなんとなくべったりした感じになりますね。

 

あまり湿度が高い時は

除湿機をつけるのがいいでしょう。

 

特にクーラーが付いている部屋だと

すぐに音がくるってしまって

この時期、ピアノの管理も大変ですね。

 

 

 

 

 

 

 

2016年ピアノ発表会3月5日

posted in: ピアノ教室 | 0

プログラム

3月5日に行われましたピアノ発表会

ご参加ありがとうございました。

第1部はソロ演奏でした。

第2部の「動物の謝肉祭」コーナーは
演奏する生徒さんが自分で動物の絵を描いてくれました。

絵の紹介をしますね。

序奏とライオンの大行進
ライオン

おんどりとめんどり
おんどりとめんどり

かめ
かめ

ぞう
ぞう

水族館
水族館

森の奥に住むかっこう森の奥に住むかっこう

鳥かご
鳥かご

ピアニスト
20160305ピアニスト

化石
化石

白鳥
白鳥

みんな力作です。

こんな感じで演奏しました。

20160305臼井小出化石修正

20160305動物の謝肉モザイク

ラジオ放送

posted in: ピアノ教室 | 0

ラジオ放送

雪がしんしんと降る寒い一日でしたね~

ところがきょうの小出ピアノ教室は

暑かったのです!!

 

初めてのラジオ出演。

HBCラジオのカーナビラジオの2時50分からの

カーナビ中継のコーナーで

小出ピアノ教室を紹介してもらいました。

 

急なお話でしたが、ほんとうに感謝しています。

 

最初にアナウンサーの矢萩さんが

なんと、ミスチルの「サイン」を弾き語りしたんです!

いい感じで歌っていました。

私も大好きな歌だったのでついうっとりしました。

 

そして簡単に教室紹介をして

私がヒーリングピアノの曲として

カッチーニの「アベ・マリア」を弾かせていただいたのですが

(実際はウラディーミル・ヴァヴィロフとされています)

 

アナウンサーの解説がとてもおもしろくて

すまして弾くことが難しくて大変でした。

 

でも、楽しい体験でした。

札幌の人がたくさん聞いてくれていたらうれしいですね。

 

 

発表会2016

posted in: ピアノ教室 | 0

20160305a

発表会まで2週間になりましたね。

みんなで楽しむコーナーとして

サン=サーンス作曲の「動物の謝肉祭」から

連弾やソロなどで楽しく演奏します。

 

いろんな動物が出てきます。

それぞれの絵を描いてみることにしました。

当日楽しみにしてくださいね♪

 

白鳥

春のクラシックコンサート

posted in: ピアノ教室 | 0

4月26日 日曜日 春のクラシックコンサートのお知らせ

宮田屋珈琲豊平店にて。
ヴァイオリン、チェロ、ピアノのハーモニーを聞きながらコーヒーを飲んで。
ちょっと一休みしにお出かけしませんか?

2015426チラシ